未分類

ゆうちょ銀行でサークルなどの任意の団体名で口座開設する方法

サークルや同窓会名義などでも口座開設できることを知っていますか?

通常、口座を開設する際には、個人の名義で開設するのが普通ですが

イベント事の集金の際には個人口座ではなく、そのグループの名前の口座を使用することで

特定の個人名を公表せずに集金できたり、個人のお金とごちゃごちゃにならず管理することができます。

今回は私自身このような団体名義の口座を作る必要があったため、

その際に必要だった書類や手順などをお伝えします。

ぜひ最後までご覧になってください。

ゆうちょ銀行がおすすめな理由

なぜゆうちょ銀行なんだ!という方に、先にゆうちょ銀行のメリットをお伝えします。

  • ゆうちょ窓口やATMが全国のどこにでもある
  • ATM手数料無料(※ファミリーマートも無料)
  • ゆうちょ間だと支店の関係なく送金手数料が無料(回数制限あり)

ゆうちょ銀行は日本郵便局の1部であるため、全国の色々な場所にATMや窓口があります。

また、ゆうちょ銀行の通帳またはキャッシュカードを使って、ゆうちょATMからの預け入れ、引き出しには手数料がかかりません!

メガバンクでは、早朝、深夜、土日などは時間外手数料がかかる場合も多いですが、

ゆうちょ銀行では一切かかりません!

しかも!ファミリーマートではゆうちょ銀行ATMを設置している店舗も増えているため

こんな便利な銀行はほかにはない!って言えちゃうくらいすごいですよね。

また、ゆうちょ口座間送金(電信振替)の料金が月1回無料なんです。

しかも、インターネットで残高確認や送金などができる「ゆうちょダイレクト」のサービスから送金すれば、月5回まで無料なんです!

便利に、お得に利用したいなら絶対ゆうちょ銀行がおすすめなんです!

団体名口座開設に必要なもの

ゆうちょ銀行の公式サイトのよくあるご質問にはこのように書いてあります。

マンション管理組合など、法人登記がされていない団体で、活動実績が確認できる団体に限り、口座開設が可能です。
手続きの際に次の証明書類等が必要です。
また、ご提出いただいた書類は、コピー(写し)をとらせていただきます。

(1)定款、寄附行為、規則、規約(名称および主たる事務所の所在地に関する定めがあるもの)の写しで、かつ代表者または管理人による証明(記載内容が正しい旨、代表者のご住所・お名前および印章の押印)があるもの
(2)ご来店者の公的な本人確認書類(運転免許証等、顔写真付きの証明書類)
(3)ご来店者と団体の関係を証する書類(委任状等)
(4)団体の活動実績が確認できる書類
※ 活動実績が確認できない場合は口座開設をお断りさせていただきます。

引用:ゆうちょ銀行

ちゃんと説明するので難しく考えすぎないでくださいね!

(1)の内容は、団体規約の写しが必要で、その写しが正しい物で間違えないことを保証するために、代表者の住所、名前、捺印をしたものを用意してねということです。
団体規約の作り方は後で詳しく説明します。ざっくり、団体の活動内容や役員などを取り決めた文章の写しにサインをしたものが必要と考えていただければOKです。

(2)の内容は、口座開設の手続きにきた人の本人確認書類が必要ということです。免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの顔つきの身分証を持参しましょう。

私は運転免許証を持っていない為パスポートを持参しました。

(3)の内容は、あなたとこの団体の関係を示すものが必要です。委任状があればいいでしょう。ですが、団体規約で代表者または会計担当者などの役職についている方なら委任状は不要でしょう。

私の場合は自分を代表者にしたので不要でした。

(4)団体の活動実績をまとめた書類を作成して持参します。ホームページがあるならホームページのサイトを印刷するとか、TwitterのアカウントやFacebookのアカウントがあるならそのプロフィールなどを印刷します。もちろんイベントの実績などがあれば文章での記載やパンフレットなどを持参するのでもいいでしょう。
また、活動実績がない場合にはこれからこのようなことをしようと思っているという内容をまとめた書類を作れば大丈夫です。
このような資料がない場合には口座を悪用されると考え口座開設できない場合もあるようです。詳しくは最寄りの窓口か電話で問い合わせてみましょう。

私の場合は、実績がある団体だったので出演したイベントを3つ、これから参加したいと思っているイベントを2つほど記載した資料を作成しました。

この4つと本人の印鑑、口座のお届け印にする印鑑が必要です。

お届け印は、グループ名でも個人名でも、極端な話別の団体名でもなんでもいいらしいです。
私の場合は、自分の印鑑をお届け印にしました。

  • 団体規約、会員名簿(代表者の住所、名前、捺印)
  • 本人確認書類(口座開設にくる方の顔つき身分証)
  • 委任状(役員でない方は持参しましょう)
  • 活動実績および活動計画
  • 印鑑(口座開設にくる方の印鑑)
  • お届け印(口座の各種申し込みで使います。個人名、団体名なんでも可)

必要書類を作成しよう

必要な書類はこの3つでしたね

団体規約(会員名簿)

委任状

活動実績および活動計画

それぞれテンプレートを用意してあります。

必要な方はこちらからダウンロードしてください↓

団体規約(会員名簿)  委任状  活動実績および活動計画

それでは各書類について必要な項目があるので、一緒に確認していきましょう。

団体規約の作成方法

まだ、資料のテンプレートをダウンロードされていない方はこちらからどうぞ。

団体規約を作成することで今回のような口座を作成できたり、保険契約などを行うことができるようになります。また、組織運営がスムーズになることやトラブルの予防にもなります。

細かく説明していますが、全然わからないという方はテンプレートの項目のみでも大丈夫です。

私はテンプレートと同じ項目のみで提出していますが問題ありませんでした。

大きな団体などでしっかりとルールを定める必要がある場合にはしっかりとした規約を作る必要がありますが、最低限で良い方はあまり難しく考えすぎないようにしましょう。

団体名を定める

まずはその団体の名前を定めましょう。造語でも構いません。ここで定めた名称が口座の名前になります。

私の場合は造語でした。

団体の所在地を定める

銀行口座や保険の契約など、契約を交わすことに住所は必須です。郵便物を受ける場合もあるので、事務所や部室などを所在地に定めるのがベストですが、そのような場所がないのであれば代表者の現住所を定めることが一般的です。
なにも所在地で活動している必要はありませんから、難しいことは考えず事務所や部室が無ければ代表者の住所です。

私の場合は、私が代表者ですので、自分の現住所を使用しました。

団体の目的を定める

その団体は何を目的に活動しているのかを明記する必要があります。イベントに参加するでもいいし、大会に参加するなどでもいいでしょう。
団体の目的で活動内容や運営方法が分かりにくい場合には別項目で、活動内容や運営という項目を設けるといいかもしれません。

私の場合は、○○大会や○○イベントへの参加を目的とするとしました。

また運営内容の部分は、○○大会や○○イベントへの参加の目的を達成するために必要な活動を行うと定めました。

団体の組織を定める

代表および役員を定めます。基本的に3人以上の役員を置く必要があります。代表者、副代表者、会計、(会計監査)などを設けておけばよいでしょう。

私の場合は、代表1名、副代表1名、会計1名を定めました。
私たちはグループとしてそれ以上人を増やしたり、減ったりすることがない組織を予定しているので、選任の方法などは明記しませんが、1年に1回代表が入れ替わるなどの組織の場合には、選任方法を定めておくと後でトラブルになりません。

例)役員は団体員の4分の3以上の賛成をもってメンバーの中から決定する。
役員の欠員が出た場合、代表者が兼任する。

このように必要に応じて決めておけば後からトラブルになることはないでしょう。

会員を定める

団体への加入条件などを定めることも可能です。例えば、住む地域や○○歳以上、サークルであれば○○大学在学の男女などと定めることもできますね。

私の場合は○○大会や○○イベントにかかわる関係者をもって会員とすると定めました。

私の場合は人が増えない減らない場合ですので、必要に応じて内容を検討してください。

役割を定める

代表、副代表、会計がそれぞれどのよう職務を遂行する必要があるのかを明記します

私の場合は、代表は会を代表し、円滑な運営に努める。副代表は代表を補佐し、代表が欠員の時は代表の職務を遂行する。と定めました。

他にもこのように定めるとよいかもしれません。必要に合わせてご自由にお使いください。

会計は、本団体の活動で生じた金銭等の財務管理を行う。
会計監査は、本団体の会計を監査し、不適切なことを発見した場合、代表および副代表に報告する義務を負う。

規約改定について定める

最初に定めたこの規約を改定したい場合にはどのようにするか定めます。

私の場合、本会の運営に規約改正が必要な場合は、会員の話し合いにより定めるとしました。実際少し曖昧なので、しっかりとした団体なのであれば、メンバーの過半数の同意などの項目を入れたほうが良いでしょう。

付則を定める

いつから規約が有効で、いつ改定されたかを定めます。

私の場合には、本団体規約は、本団体設立日である○○年○○月○○日から施行することと、会の役員を定めました。この際、役員の名前、現住所、連絡先を記載しました。

その他

メンバーの脱退、活動費について、団体の解散など必要に応じて定めましょう。

会員名簿の作成

団体規約を作成するのと同じくらい重要です。規約を作ったけど誰がその団体に所属しているのかを示す資料になります。

氏名、役職、住所、電話番号があれば良いでしょう。最低でも3人以上は必要です。

委任状作成の方法

委任状のテンプレートはこちらからどうぞ。

委任状は特に難しくありませんから、その代理人に何をお願いするかという理由を明記しましょう。

理由は、口座開設に必要な手続きなどで大丈夫でしょう。

代理人と委任者の項目の書き間違えと捺印の忘れに注意しましょう。

活動実績および活動計画

これは、規約に定めている場合不要なこともあります。例えば新規団体の場合は、どのような活動をするかを規約に細かく明記されていたら不要でしょう。

また、活動実績がある団体の場合、それが分かる書類や資料のコピーなどを提出しましょう。

どういった活動を目的として、どうやって口座を使っていくのかをしっかりと伝えられるようにしましょう。

ゆうちょの窓口に行き口座開設をする

  • 団体規約、会員名簿(代表者の住所、名前、捺印)
  • 本人確認書類(口座開設にくる方の顔つき身分証)
  • 委任状(役員でない方は持参しましょう)
  • 活動実績および活動計画
  • 印鑑(口座開設にくる方の印鑑)
  • お届け印(口座の各種申し込みで使います。個人名、団体名なんでも可)

全て持参して、郵便局の窓口に行き団体名で新規に口座開設をしたい旨を伝えると、窓口の方が対応してくださいます。

必ず、どのような団体で、どのように口座を使うのかということは聞かれてもはっきり答えられるようにしておきましょう。

また、書類の不備があると、口座開設できませんので、必要書類に不安なことがある場合、ゆうちょのお問い合わせ窓口に電話をして確認するのが良いでしょう。

私は書類に不備はなく所要時間は1時間ほどで口座開設できました。

通帳はその場でもらえましたが、キャッシュカードは郵送とのことでした。

また、実績などが無い団体の場合、審査を通してからの開設になる場合もあるようです。

団体名口座が必要な方は、早めに開設しに行きましょう。