未分類

ミニマリストの本質はこれだ!生活が豊かになる考え方を学ぼう

最近ミニマリストという言葉がメディアでも取り上げられるようになってきて

この記事をご覧になっている方も1度は聞いたことがある言葉ではないでしょうか。

私もミニマリストという生活スタイルに衝撃を受け興味を持った1人ですが、

世間のミニマリストの生活スタイルの認識がミニマリストの認識と違うのではないかと思います。

あなたはミニマリストにどのようなイメージを持っていますか?

もしかしてこんな部屋を想像していませんか?

 

ミニマリストは部屋に何も物を置いていないし、所有していない。

生活を不自由にしてもなるべく物を持たない生活をしているというイメージではないでしょうか。

例えば、机がなく、椅子もない、ベッドや敷布団もない。こんなイメージの方は多いと思います。

ですが、ミニマリストの本質は物を持たないことではありません。

ミニマリストの本質は、「必要最低限の物で生きる」ということです。

例えばテレビがないことを例に考えてみましょう。

実家ではテレビがある家はほぼ100%に近いでしょう。

家族みんなでご飯を食べながら食卓を囲むことは日本ではよくある光景だと思います。

そんな日本人の普通で生きていると、1人暮らしを始めるときにも部屋にはテレビは必須だと考えてしまう。

なぜなら今まで生きてきた部屋や家にはテレビがあったからだ。

でもこれは普通あるよねという考え方で、自分自身にとって本当に必要であるかということは考えていない。

ミニマリストの本質はここだ。普通という概念にとらわれるのではなく、自分にとって本当に必要かということだ。

最近ではインターネットでの動画サービスが急速に発達してきてる。

ネットフリックスやHulu、youtubeやTVerのようなものは、テレビより情報の密度が濃く、さらには娯楽性が高いものも多い。

あなたにとってテレビを見ることとネットを利用して動画を見ることのどちらが楽しいと思えるだろうか。

もちろん人によっては両方いらない人、両方必要な人もいるかもしれないが、ほとんどの人にとってテレビは不要なのだ。

このようにあなたが保有している物に対して、なぜそれが必要なのかを再度考え直し、必要なものに囲まれて生きるのがミニマリストであるのではないでしょうか。